メール配信のメリットは

メール配信のメリットとして、まず情報を素早く発信できるということがあります。郵便のダイレクトメールの場合、まず原稿を作成して印刷してから発送し、それから届くまでに何日かかかるため、かなりタイムラグが生じてしまいます。メールであれば、文面を作ればすぐに発信でき、そしてすぐに届くので、タイムリーな情報を素早く届けることが可能です。

また、コスト面でのメリットも大きいと言えます。ダイレクトメールを郵送する場合は、印刷代や郵送代がかかります。ネット上に広告を出す場合も、広告費が必要です。メール配信では、コストを大きく削減できます。そして受け手の性別や年齢、居住地などに合わせた情報発信ができるので、受け手はそのメールを「自分のために送られたもの」と感じ、興味を持ってもらえます。

メール配信のデメリットと対処法

メールは低コストで素早い発信が可能ですが、このことは他の多くの業者も配信している可能性が高いということでもあります。このため、見てもらうためには工夫が必要です。たとえば、メールにクーポンをつければ、メール開封率を上げるとともにクーポンの利用で効果の判定もでき、マーケティングに役立ちます。そして全ての受け手に同じ内容を送るのではなく、できるだけ受け手の属性に合ったメールを配信することにより、関心を持ってもらいやすくなります。

また、受け手のメールソフトで「迷惑メール」と判断されると、自動的に受信トレイには表示されなくなってしまいます。この判定はメールソフトにもよりますが、送信者の証明となるSPFレコードを送信サーバーに記述したり、送信者の署名情報をチェックするDKIMなどのセキュリティ技術を利用することで、迷惑メール判定を回避できる場合もあります。