読まれなければ意味がない

宣伝のためにメール配信を行うのなら、開封をしてもらい、中身を読んでもらうための工夫をしっかり行わなければいけません。まったく工夫をしない宣伝メールは、開封すらされずにゴミ箱に放り込まれる可能性があるので気をつけましょう。素晴らしいサービスや商品を用意したとしても、メールの中身を読んでもらわなければまったく意味がないのです。なお、読んでもらうためにどのようなメールを用意すればよいか分からないのなら、自分たちの代わりに書いてくれるサービスがあるので活用しましょう。ノウハウを持っているサービスならば、送るタイミングやタイトルを工夫し開封率をアップしてくれます。費用はかかりますが、それに見合う売り上げアップ効果があるのならお得なサービスだといえます。

設定次第では届きすらしない

プロバイダーの設定次第では、送ったメールが問答無用で迷惑なものとして処理されるケースがあります。そうなると、送った相手に届くことすらありません。また、ブラウザの迷惑メール機能の設定次第では、新着表示されることもなく即ゴミ箱に放り込まれる可能性もあります。どちらにしても、送った側からはどのような処理がされているか分かりません。つまり、絶対読んでもらえない状況でも、コストをかけてメール配信を続けている状況になりかねないのです。確実に届くようにしたいのなら、相手に迷惑メールとして判断しないように設定してもらうしかありません。自身のメールアドレスを伝えて、そちらから送った場合は受信拒否にならないように設定してもらいましょう。