お試し導入も可能なメール配信

メール配信サービスは、各社で独自の工夫を凝らした様々なサービスが提案されています。 導入する側が安心して利用できるように、無料トライアルを導入している業者が多いのが、大きな特徴の一つです。登録するアドレス数の制限や、無料トライアルの期間をあらかじめ設ける、使える機能を一部制限するなどの条件がつく場合も多いです。しかしながら、実質無料でお試しが出来るサービスはメリットが多く、導入検討の観点から言うと問題なく使えます。 お試し導入に関しては、初めて導入する企業以外にも、サービス提供会社の乗り換え目的で試してみる、という企業もあります。具体的には、配信エラーが多くてメールが届かなかったり、配信費用をもっと安く済ませたいなど、その理由は様々なようです。

メール配信サービス会社の料金比較も重要です

メール配信サービスに関しては、固定料金制、月額制、定額制などを料金体系として導入しているサービス会社が多いです。 料金の仕組みとしてよく見受けられるのは、初期費用がかかること。そして別途月額の料金がかかる、という仕組みです。月額の料金に関しては、登録しているアドレス数、すなわち配信する数に応じて料金が変わっていく仕組みになります。当然アドレス数が多いほど、料金は高くなっていきます。 サービス会社によっては、この月額料金に関して、フレキシブルに対応してくれる所もあります。例えば、セールの前だけ大量配信を行い、セール外の月はお得意様だけに送りたい場合、月ごとに課金される仕組を、従量課金から定陵課金に変えられる、といった事も可能です。 料金体系に関しては、各社で独自のサービスを打ち出していますので、比較サイトなどで比べてみて、自社に合った会社を選ぶことも大事です。