メール配信サービスのシステムの体系

顧客に情報を配信するメール配信サービスは様々なものがあります。自社に合ったものを選ぶことで、売り上げアップを期待することができます。
そんなメール配信サービスの体系は、大きく2種類に分けられます。
一つは、一度に登録した人すべてに情報を送ることのできる大量送信型です。一斉配信することで、必要な情報を一気に全ての人に送れます。
もう一つが、セグメント配信です。メール配信したい人の性別や年齢、好みなどを反映させることで、興味のある情報を効率的に配信できます。顧客好みの情報を配信することで、メールの開封率をアップさせることができます。
この両方を兼ね備えたサービスや、ステップメールなどより高度な配信できるサービスもあります。

メール配信サービスの料金体系

メール配信サービスを選ぶ場合、システムの体系の違いだけではなく、料金体系の違いにも注意して選びます。
オンプレミス型は、自社のサーバーなどを設置して、アプリケーションの管理・運営を行います。サーバーやソフトなどを自社で設置して直接管理する方法で、費用や規模が大きいのが特徴です。メンテナンスなども行う必要があるため専門知識が求められますが、目的に合わせたカスタマイズができ、効果的に顧客に情報を配信できます。
クラウド型は、ネットワークを介してメール配信を行います。システムができているため、すぐに導入することができ費用も安いため気軽に始めやすいのがメリットです。ただし、カスタマイズなどができないようになっています。